おでこニキビの原因

おでこニキビの意外な原因とは?

おでこニキビの意外な原因

 

もともと、おでこはTゾーンといって皮脂が多く、ニキビができやすいところ。

 

よく言われるおでこニキビの原因はというと・・・

 

  1. シャンプーやトリートメントのすすぎ残し
  2. ホルモンバランスの変化による皮脂分泌の増加
  3. 生活習慣の乱れ

 

この3つは、大体ご存じの方も多いでしょう。

 

実は、おでこのムダ毛もニキビの原因って知ってましたか?

 

おでこのムダ毛による原因は2つあります。

 

  1. おでこのムダ毛との接触
  2.  

  3. おでこのムダ毛を自己処理

 

1.おでこのムダ毛との接触

おでこのムダ毛が直接肌に触れることで刺激となり、ニキビができることがあります。

 

特に、長い産毛がたくさん生えている人や、濃いめの産毛の人は、
要注意です。

 

髪の毛もそうですが、なるべく毛を肌に触れさせないようにしましょう。

 

髪の長い人は特に、寝ているときは、髪の毛を束ねて寝るなどして、
髪と肌との接触を極力減らすようにしましょう。

 

 

2.おでこのムダ毛を自己処理

おでこのムダ毛をカミソリで剃って処理した場合、皮脂膜を落としてしまいます。

 

皮脂膜とは、バリアみたいなもので、異物や紫外線などが肌に侵入してくるのを
防いでいるわけです。

 

ばい菌などが毛穴や皮膚の細胞に侵入してきて、炎症を起こし、ニキビができるのです。

 

厄介なのは、女性だと生理の時です。

 

生理の時というのは、プロゲステロンという女性ホルモンの一種の分泌が増えます。

 

これにより、皮脂の分泌も増えるので、普段は肌の状態を正常に保ってくれる
はたらきをするアクネ菌が異常に増殖することで、ニキビになりやすいのです。

 

こんな時に、カミソリでムダ毛の処理なんてしてしまったら、ニキビを増加・
悪化させることになります。

 

また、カミソリもちゃんと刃を頻繁に交換していればいいのですが、
ずっと使用していると剃り落とした皮脂膜などが付着していて、
ばい菌の温床となっていることも少なくありません。

 

 

おでこのムダ毛をなくすなら脱毛が一番

 

おでこのムダ毛や自己処理も侮れませんね。

 

おでこニキビの原因にもなるムダ毛は、脱毛して、毛のない状態を
キープしてやることが一番です。

 

 

医療レーザー脱毛や光脱毛は?

でも、医療レーザー脱毛やエステやサロンの光脱毛は、おでこの脱毛には
オススメできません。

 

なぜなら、おでこのムダ毛は産毛だからです。

 

医療レーザーや光脱毛は、産毛の脱毛には向きません。

 

なぜなら、産毛には、メラニンが少ないからです。

 

医療レーザー脱毛や、光脱毛は、メラニンありきの脱毛法です。

 

ですから、メラニンの多い太くて濃い毛には効果は抜群ですが、
産毛は、メラニンが少ないので、時間がかかるのです。

 

産毛は、これらの脱毛法だと、通常の2倍は時間がかかるようです。

 

 

やっぱり、この脱毛法がおすすめ!

顔の産毛の脱毛といえば、やっぱりこの脱毛法ですね。

 

ディオーネのハイパースキン脱毛です。

 

  • 痛くない
  • 産毛にも効果がある
  • 美肌効果がある

 

おでこニキビに悩んでいる人は、もちろん、シャンプーだったり、お肌のケアや、
ホルモンバランスによるものであるかもしれません。

 

しかし、ムダ毛やムダ毛の自己処理もなかなか侮れませんよ。

 

おでこのニキビを撃退するためにも、ディオーネの脱毛をオススメします。

 

 

 

トップページへ戻る